宜野座村ふるさと納税 返礼品詳細ページ

「屋良三線屋」沖縄産上質クロユシギ三線<透明漆塗> 詳細ページ

特産品名
「屋良三線屋」沖縄産上質クロユシギ三線<透明漆塗>
寄付金額
840,000円以上の寄付で貰える
取扱時期
通年
提供元
屋良三線屋
特産品内容
張り:本皮
型:江戸与那(エドユナー)型
材:ゆし木・和名:イスノキ
※ケース付
商品コメント
江戸与那型(えどゆなーがた)
名工といわれた<与那城>の作といわれています。
予備の弦を巻くために糸蔵が他の型より長めなのが特徴となっております。
江戸与那三線は首里の王様が江戸上りをする際に路次楽に用いられたことからこの名前がつけられたとされています。

【棹の材質】

「クロユシギ―昔から噂には聞いていたが見たこと無い。」幻と云われたクロユシギ、しかも貴重な沖縄県産のユシギです。地元沖縄の三線職人も驚く超貴重、超希少価値の材木を丹精こめて丁寧に仕上げた上等三線です。三線を作れるほどの大きさで質のいい沖縄産のユシギはとり尽くされてしまい、現在ではほとんど流通していません。そんな中、当工房が奇跡的に手に入れた上質で珍しいユシギを材に丹精込めて製作した三線です。


【クロユシギとは・・・】

琉球王朝時代から三線の材といえばクルチ(黒檀)とユシギ(和名イスノキ)といわていた程、三線に適している材で、クルチにつぎ名器が多く存在します。ユシギの中でも一般的なものよりも年数が数倍も経ていて、自然の厳しい環境の中たたかれてたたかれて少しづつ育った材なので、木目もしまり美しい模様が入っている上質で貴重な材です。


【塗り】

当工房オリジナルの塗り、木肌を浮き立たせる人気の透明漆塗りですので、クロユシギ特有の模様をはっきりと堪能できます。


◆豊かさのシンボルとして



昔の沖縄において高価な蛇皮張りの三線を持っていることは、その家庭が裕福だということの象徴でもありました。門扉がなく、風通しのため雨戸をあけておくことも多かった琉球家屋。屋敷の床の間に三線を飾ることは、外を歩く人や招き入れたお客に自らのステータスを示すことを意味していました。古い文献には「米30俵と交換」「馬1頭と交換」「田畑と交換」など、沖縄の人々の三線への強い愛着を感じさせられる記述も多く残されています。


◆工芸品としての魅力



三線の魅力を語る時、美術工芸品としての価値も忘れてはいけない大切な要素の一つです。
熱心な三線愛好家の中には、三線のその美しい形状に対してまるで女性を愛でるように「ちゅらかーぎー(美人)」と形容する人も少なくありません。三線を漆塗りの箱に納め「飾り三線」と称し、たとえ弾けなくても持っていることに意味があったとされている時代もありました。また、床の間に三線2挺を飾る「夫婦三線(ミートゥサンシン)」を持つ事は縁起が良いとされています。


~職人さん~
屋良 常雄




野村流古典音楽・屋良流沖縄民謡吉栄会三代目家元。
吉栄会二代目会主の西銘春雄と琉球音楽界の巨匠・普久原朝喜に唄三線を、普久原京子に舞踊を師事(3名はいずれも吉栄会初代会主・又吉嘉昭 野村流大家の高弟)。
巨匠達から受け継いだ技術と心の継承に力を注ぎながら、県内外で演奏活動を行ういっぽうで、小学生時代から三線を作っており、すばらしい三線屋職人としての顔も持つ。また、屋良さんが作成する三線は独特な発想から見るだけでも面白い作品が多いです。まさに三線界の二刀流!!
屋良三線では、自分だけのウッド三線を作れる体験もあり、自分で三線を作った後に、その作った三線を使って行う三線体験教室もございます。


<三線の型について>

型と言われても..と思っている方のために、簡単ではありますが、型について!
三線は棹、胴、カラクイ(糸巻き)から成り立っており、棹の形状によって型が決まっています。 代表的な7つの型!!その7つの型の由来は、琉球王国時代の三線作りの名工達の名前がつけられているとのこと。
~代表的な7つの型~
◆南風原(フェーバル)型
特徴:最も古い型と言われており、棹は細めで小ぶりなのが特徴です。
◆知念大工(チニンデーク)型
特徴:天と鳩胸にかすかに稜線があります。
◆久場春殿(クバシュンドゥン)型
特徴:三線の中では最も大型です。面に近づくにつれてだんだん太くなります。胴内部の心の付け根には段が施されています。
◆久葉の骨(クバヌフニー)型
特徴:棹は最も細く、面に近づくにつれだんだん太くなります。7型の中で最も小ぶりです。
◆真壁(マカビ)型
特徴:最も普及している型で、棹は細目です。天は中弦から曲がり、糸蔵が短くなっています。
三線の型のなかで、もっとも優美といわれています。
◆平仲知念(ヒラナカチニン)型
特徴:天の湾曲が大きく、中央と鳩胸の稜線が特徴的です。
◆与那城(ユナグシク)型
特徴:棹は厚みがあり、糸蔵は長めで鳩胸も大ぶりな作りです。通称ユナーと呼ばれています。


棹の太さや糸蔵の長さ、天や鳩胸の形などを見比べてその違いを見つけてみるのも面白いかもしれません!!


※天然の材料を使って製作しておりますので模様は一つ一つ異なります。予めご了承くださいませ。
※画像に写っているケースはイメージになります。デザインが変更になる場合がありますので予めご了承くださいませ

【地場産品基準について】
宜野座村で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。